愛人という存在のさまざまな想像性

愛人というフレーズはさまざまな想像を膨らませてくれるように、これまでさまざまな分野で描かれてきました。
愛人というテーマは、国を問わずに小説や映画、ドラマなどによって、時代を問わずに一定の人には共感や理想の一部としても支持がありました。人間の男女の多くは、大人になるにつれて愛を求めて生きていく生きものです。
男女が知り合って結婚して、子供を授かると結婚した異性は、ただのパートナーへと変化していく場合があります。そうした場合には、結婚のパートナーのほかに愛人の存在を求める場合もあります。
愛人を求めるその理由の一つは、自分の家庭に家族としての愛は存在していても、男女として求め合う愛は薄れていくことも挙げられます。結婚のパートナーは、最初の頃は愛人といえる存在であっても、環境によって変化していく場合があります。
新婚時代から時間が経過するにつれて、愛を注ぐ相手として気持ちが薄れてくるときは、愛を求めてくれる相手と愛をくれる相手の空白が生まれますが、愛人がいればこの空白を埋めることにつながります。
肉体的に満たされない気持ちを解消することにもつなげられるだけではなく、心に空いた愛し合うという純粋な気持ちを呼び覚ましてくれます。家庭ができて子供や家族を養うため、パートナーとなった結婚相手が物足りない存在に変化したときに、愛人は必要な存在として求めることも可能です。
世の中では愛人という存在は、不倫相手というイメージで考えられがちですが、男女が理想の幸せを実現につなげるためには必要なものと考えられます。
愛人という存在には、一つでは片付けられないさまざまな想像性が存在しています。

30代の女性が愛人になりたいという募集が多い

数人の愛人を持つパパには、自分を1番愛してもらえるように、他の愛人と張り合います。自分が1番になりたいと思うからこそ、愛人同士は見えないライバル心をぶつけ合うのです。

パパの前ではとっても可愛らしく、朗らかな態度でいるかもしれませんが、裏ではライバル心をむき出しにしています。それは、ファッションやメイク、知的さなど、幅広い部分で自分が1番になりたいと思っているのです。

だから、どんどんパパを持つ愛人は綺麗になっていきますね。顔もスタイルも、ファッションセンスも磨かれていくのです。1年前に比べると、まるでファッションモデルのように垢抜けてしまう愛人もいるほどです。

愛人と言えば、お金があるパパと付き合いたいと思っています。知り合う方法は友人から紹介してもらう、知り合いの男性にお願いをしてパパになってもらうことで知り合う人もいます。

でも、今はパパを掲示板で自分から愛人募集して知り合うきっかけを作る人が多いんです。掲示板は24時間いつでも見れて、スマホからでも気軽に愛人募集できます。無料で使えるところが多いから、とっても気軽に使えるんです。

そんな掲示板で目につくのが、30代の女性が愛人になりたいという募集が多いんですね。離婚した人や独身の人も多く、パパにバックアップしてほしいと思っているのです。

30代の愛人はパパにとにかく優しくできますし、大人の魅力で癒してあげることができると人気です。あまり若すぎないから、体力的にも丁度いいのです。癒しを求めるパパは、30代以上の女性を愛人にした方が、疲れにくいでしょう。

愛人を作ってしまった人の末路

芸能人の不倫などを週刊誌が取り上げることによって、はじめて愛人の存在が発覚します。
そもそも愛人とは一般的に婚約者または配偶者がいた状態で一線を越えた男女の付き合いをしている人たちのことを指します。
ケニアなどの一部の国では男性に限り一夫多妻制をとっていて実質的に愛人がいくらいてもとがめられることはありません。
だが日本ではそうはいきません。
民法にも一夫多妻制はおろか、実質的に結婚した男女の愛人関係を肯定していません。
故に芸能人に関わらず愛人を作ってしまった人はバッシングをうけたたかれるのです。
わかりやすく言えば、愛人は作ってはいけないのです。
愛人を作る行為は夫婦関係の破たん、裏切りを意味します。
どちらかが原因でけんかして離婚に至るのはわかるが、離婚の原因が愛人を作ったことによるものであれば許されません。
愛人を作られた方、つまり浮気や不倫をされた方は少なからず心が傷つきます。
立ち直るまでに時間がかかるのは必至です。
一般人がその行為をしてしまった場合は良くて離婚の慰謝料なしで済むが、芸能人の場合はそうはいきません。
最近の例ですと、ファンキー加藤が妻がまだ離婚していない状態で健在にもかかわらず、とある芸人の元妻を愛人関係にあり、さらに加藤の目線でいう愛人のおなかには子供までいるとのことです。
これが許されるはずがありません。
少なからず、加藤が毎年出ている夏フェスは辞退せざるを得ないでしょう。
結果論としては愛人を作っていて隠していても、いつかはバレて最悪の結末になってしまうということです。

愛人を持ちたいという男性の気持ちがよく分からない

私は愛人を持ったことなど一度もありません。これから先も愛人を作ることはないです。というのも私は愛人という言葉にあまりいい印象を抱いていないからです。愛人は表沙汰にしていいような関係ではありません。どちらかといえば周囲からは隠したほうがいい関係です。そのような関係を持っていることが周囲に知れれば、それまでに築いてきた地位や信頼などが地に落ちてしまう可能性もあるわけです。絶対とは限りませんが、万が一ということもあるため、私は愛人には関わりたくないと思います。
ですので愛人を持ってしまう男性の心理はよく分かりません。自分の魅力を誇示したい、あるいは自分はモテるということを実感したいなどの理由があるのかもしれません。しかし愛人を作る男性というのは家庭を持っている男性です。もし結婚をしていないのなら、愛人関係ではなく恋人関係になればいい話です。
奥さんがいるにも関わらず他の女性と関係を持ってしまうというのは、どういうことなんだろうと思ってしまうのです。奥さんに対して愛がなくなったから他の女性に行くのか、それとも奥さんと愛人女性の双方を愛しているのか、どっちなんだろうと思います。それに奥さんに対して申し訳ないという気持ちは湧かないのだろうかということも気になります。愛人を作るということは奥さんに対しての一種の裏切り行為でもあるわけです。愛人を持っている男性はその辺りのことをどう考えているのか気になるところです。

寂しかったから、

私がさるところで知り合った年上の、妻子持ち30代の人と付き合い始めたのは、三年前のことでした。
そのときの私は、高校生活の忙しさに疲れ果てて、精神的に病んでいました。それなりにモテる方だったので同年代でも支えてくれようとする人もいましたが、その人たちは、頼りなく見えました。私が病んでるところを本当に見せたら、逃げてしまいそうに。
だから私は、現実の恋愛はもうあきらめかけていました。恋愛シュミレーションゲームに打ち込んでいました。
そんな私を変えたのが、その人との出逢いでした。その人は大人の男性らしい包容力で、病んだ私をしっかりと受け止めてくれました。私は感動して、それから、その人に夢中になりました。
誰かの愛人になるオンナノコは、たぶん、寂しかったり不安定だったりするんだと思います。だから年上の、父親くらいの年齢の、自分を受け止めてくれる相手を求めてしまうのだと思います。
その人との関係は、大学入学を機に終わりました。
「君も大学生になったんだから、同年代にもいろんな人がいるし、同年代の人を探した方がいいよ」
と言われたからです。
私も、いつまでもその人の愛人でいられるとは思っていませんでした。だから、落ち着いてそれを受け入れて、その人とさよならしました。
その人の奥さんや子供さんには、申し訳ないことをしたとは思っています。でも、自分にとっては、その人との出逢いがなくては、今の私はなかったと思います。そういう意味では、私にとって、愛人になった経験は決して悪い経験ではなかったと、思います。