ワンウェイタイプについて

ウォーターサーバーの仕組みとしては、まずはサーバーと呼ばれる装置を導入する必要があります。このサーバーは無料でレンタルされるのが一般的ですが、サーバーの性能が良いものではレンタル料金が必要なものもあります。一方で無料にしても有料にしても毎月一定の供給を受けることが条件になっているところがほとんどです。これは毎月必ず料金を支払うというのがウォーターサーバーのシステムとなっているためです。
お水は宅配によって運ばれてきますが、このさいに供給される容器タイプに再利用されるリターナー方式と、そのまま容器は使い捨てにするワンウェイのボトルがあります。
リターナー方式のメリットは容器が頑丈ですので、破損のリスクがなくまた回収されるのでゴミが発生しません。また容器も再利用されるので環境にやさしいといえます。
一方でワンウェイ方式は容器に柔軟性のあるものを使っているもので、バッグ方式になります。給水するさいに空気がボトル内に入らないので、リターナー方式よりも衛生的といったメリットがあります。また回収という手順が不要で、そのまま空になったバッグを可燃ごみとして処理することができます。
比較するとどちらも長所があるものですが、ブルなどの著名なウォーターサーバーではワンウェイ方式を採用するのが増えています。

天然水が飲めるウォーターサーバーはどんな方式がある?

ウォーターサーバーに使われる水は、RO水と天然水の2種類があります。
RO水は高度に浄水された水であり、純水に近いものです。純水というものは味気ないものですので、ミネラル分をあとから添加しているところもあります。しかし水の純度が高いメリットとして雑菌が繁殖しにくいので、供給される方式ではボトルを回収して再利用するリターナー方式が使われてる傾向にあります。
一方で日本ではもともと高い浄水性能を持つ水道水があるためRO水よりもウォーターサーバーとして人気が高いのが天然水です。
天然水は文字通り地下から汲み上げた水で、ミネラル分も豊富で口当たりの良い水です。取水地によって成分は変わってきますが、全体的にはRO水よりもおいしい水です。しかし、天然水はRO水と比べると不純物が含まれており、空気が入ると劣化する可能性があります。このためブルなど天然水を浸かっているウォーターサーバーメーカーでは、ボトルを回収して再利用をするリターナー方式よりもワンウェイ方式を採用しているところがほとんどです。この方式では給水時に水が空気に触れることがありませんから、いつまでもフレッシュな天然水を飲むことができるメリットがあります。
また天然水を選ぶ場合にはこのボトルの方式も比較する必要があります。