どのように雑菌しているのか?

ウォーターサーバーのボトルに入っているお水は、原水となる天然水を最適な状態に処理をして用意されています。
ウォーターサーバーのメーカーによって、お水の処理の方法は異なりますが、一般的には、煮沸消毒か濾過での消毒が多いです。煮沸消毒の場合、雑菌の処理が簡単にできますが、天然水に含まれる有効成分が破壊されてしまったり、お水の風味が変わってしまうというリスクがあります。そのため、多くのメーカーでは、手間暇をかけてしっかりと濾過を行い、汚れや雑菌のみを取り除き、お水に含まれているミネラルなどはそのままの状態にしています。
不足しているミネラルを補充したりして、より体に良い、安全な状態にしたものをウォーターサーバーのボトルに詰めているので、安心して使用することが出来ます。きちんとした処理を行っているお水なので、赤ちゃんのミルク作りや、離乳食作りにも適しています。
特にミルク作りには、安全性の高いお水が、サーバーを通して冷たいお水と、70度から80度程度のお湯の状態ですぐに出てくるので、お湯を沸かしたり温度を管理する手間が省けて、非常に便利です。
上手に活用することで、ママの負担が軽減出来るだけでなく、おいしく安全なお水を使うことができます。

菌は繁殖しないのか?

ウォーターサーバーのお水は、専用のボトルをしっかりとセットするだけで、雑菌の繁殖を防止して、最後まできれいな状態で使うことが出来ます。口コミでも、サーバーの使用方法が簡単なことが好評です。
ボトルは、大容量で気兼ねなくたっぷりとお水を使うことができます。重いボトルは、宅配で自宅まで届けてもらえるので、持ち運ぶ手間も省け、さらに空になったボトルは回収してもらえるので、ゴミも出ないのが便利な点です。
また、サーバーはレンタルなので、簡単なお掃除以外のメンテナンスは必要ありません。万が一、サーバーに不具合が生じたら、交換や修理が行われるので、メンテナンスをしなくて良いという手軽さがあります。
専用ボトルは、ペットボトルのように注ぎ口が外気に触れる心配がないような設計になっています。そのため、細菌が入ってしまったり、汚れる心配がないので、最後まれきれいな状態のお水を使うことが出来ます。
ペットボトルのように何度も開け閉めしていたり、直接口をつけて飲んでいると、そこから細菌が繁殖してしまいます。きれいに処理されたお水も、正しい管理をすることで、最後まで安全性を保ったまま使うことが出来ます。お料理にも使えるので、上手に使っていきましょう。