ボトルの衛生面について

ウォーターサーバーは、サーバーに専用のボトルをセットして使用します。
きちんと正しくセットすれば、注ぎ口が外気に触れたり、直接口をつけたりすることが無いので、徹底した衛生管理を行うことが出来ます。細菌の繁殖を防ぐことが出来るので、最後まできれいな状態のお水を利用することができます。
ウォーターサーバーに使用しているボトルは、メーカーがこだわって処理を行っているお水です。原水を濾過したり煮沸消毒などを行い、雑菌を処理し、不足しているミネラルなどをプラスして、口当たりや体への影響なども考慮して作られています。
雑菌の処理を行われているので、ボトルに密封された状態では、菌の繁殖が起こることもなく、安心して使うことが出来ます。サーバーのレンタルを行っている人には、ボトルは無料で宅配されるので、重い思いをしてスーパーマーケットなどでお水を買ってくる手間が省けます。
自宅まで新しいボトルが届くだけでなく、使い終わったボトルは回収してもらうことが出来るので、ゴミを出さなくて済むというメリットもあります。サーバーは簡単な掃除だけで、メンテナンスは不要なので、気軽にきれいなお水を使うことが出来るので、お料理などにも使いやすく便利なアイテムです。

天然水のお水との比較

特別なメンテナンスも必要がなく、重いボトルは宅配で手軽に利用することができるウォーターサーバーは、お水にもこだわっているのが特徴です。それぞれのメーカーによって、お水の特徴は異なります。
赤ちゃんのいる家庭などでは、軟水を選択すると、ミルクや離乳食作りにも使えるので、とても便利です。インターネット上には、ウォーターサーバーの口コミランキングをチェックできるサイトもあります。
ランキング上位のウォーターサーバーは、サービス面も充実していたり、より安全性の高いお水を使っていたりします。
赤ちゃんや子供にも安心して使えるようなお水であれば、大人でも安心して使うことができます。スーパーマーケットなどで天然水のペットボトルを購入すると、持ち運ぶ負担が大きかったり、保管に場所が必要になります。
また安い天然水の場合、手間のかからない煮沸消毒や、消毒薬によって処理が行われています。天然水に含まれている、体への有効成分が破壊されてしまっていたり、口当たりが変わってしまいます。
よりお水の質や味にこだわりたいという人には、同じ天然水であってもウォーターサーバーのお水の方が良いでしょう。ランニングコストも、大きな差はないので負担も少なく済みます。